会社情報

代表者挨拶

みなさんは自分の目指すべき未来は見えているでしょうか。

明るい未来を思い描くための資金計画を見えているでしょうか。

 

株式会社エフビズは、未来 (Future) と金融 (Finance) の2つを

見える化 (Visualization) するという言葉から造ったF-visualization を短縮して名付けました。

 

明るい未来は一部の方だけのものではないように、金融も一部の知識人だけのものではありません。私たちは、これまでに培った金融知識、データサイエンス・AIの技術を駆使し、あらゆる方に向けて金融情報・金融技術を分かりやすく見える化していきます。

 

「2つの見える化」を支える、エフビズのデータサイエンティストチームには、様々な知識・経験を有した人間を揃えています。例えば、私は、大学での研究教育の経験を通じた高度な金融理論と、金融情報ベンダーで培った金融データに対する知識とデータ発生メカニズムへの知見を有しており、言わば、金融市場に対する産学両面からの知見も有しています。また、これまでに各種金融機関、取引所などとの共同研究を実施してきた経験もあり、座学だけでない実務に供する知見も有しています。

もちろん、私以外のスタッフも私と同等以上の知見と経験を有しており、真のデータサイエンスを通じたサービスを提供する準備を整えております。

 

皆様の思いと我々の知見の相乗効果により、金融分野において真に有用なAIを提供することができることを確信しております。 自分のお金の流れ方だけでなく、日本全体のお金の流れ方・金融が分かれば、日本の未来が見えてきます。さあ、私たちといっしょに、明るい日本の未来をみなさんの目に映していきましょう。

 

株式会社エフビズ

代表取締役 青木 義充


代表者紹介

代表取締役 青木義充 博士(学術)1974年栃木県栃木市生まれ

 一橋大学大学院経営管理研究科 非常勤講師

 上智大学情報理工学部     非常勤講師 

専門は、時系列解析、ベイズ統計学、データサイエンス。

 

略歴

  学  歴     
1997年3月

慶應義塾大学理工学部数理科学科 卒業。

卒業研究題目は「ニューラルネットワークについて」、学士(理学)取得。

ニューラルネットワークの学習アルゴリズムについて研究。

 2000年3月

 慶應義塾大学大学院理工学研究科 前期博士課程数理科学専修 修了。

修士論文題目は「Analytical and Numerical Evaluation of Satellite Raw Data」、修士(工学)取得。

人工衛星に搭載されたレーダの画像解析について研究。

2004年3月

慶應義塾大学大学院理工学研究科 後期博士課程基礎理工学専攻 単位取得済退学。

修士時代からの課題である人工衛星に搭載されたレーダの画像解析について研究を継続、

地表面画像の分類問題、セグメンテーションについて研究。

2014年3月

総合研究大学院大学複合科学研究科 後期博士課程統計科学専攻 修了。

学位論文題目は「価格変動に制限を課した商品先物市場におけるリスクの考察」、博士(学術)取得。

商品先物への投資参加者が考慮すべきリスクについて、実際のデータをもとにした価格変動シミュレーション法を開発。

    歴     

 2001年4月

~2004年3月

 東京医科大学病院第一外科医局医療技術補助員

 肺がん患者の細胞に関するデータベースの整備、

 肺がんの早期診断を促す因子の解析に従事。

2001年4月

~2004年3月

慶應義塾大学理工学インフォメーションテクノロジーセンター リサーチアシスタント

 慶應義塾大学理工学部矢上キャンパス内の基幹ネットワーク、サーバの運営・管理グループの一員として活動。

 慶應義塾大学理工学部数理科学科のネットワーク、サーバの構築・運営に従事

2004年4月

~2007年3月

一橋大学大学院国際企業戦略研究科 助手

 金融データを用いた授業・演習の補助。大学内の金融データベースの管理・運営、

 神田キャンパス内のネットワークの管理・運営に従事。

2007年4月

~2018年8月

株式会社QUICK

 金融機関のホールセール部門向けサービスの企画・運営に従事し、2014年よりホールセール企画部門の次長職に就任。

 社外パートナーとのアライアンス強化、金融業界動向のマーケティングのほか、

 金融機関、一般事業会社との共同研究を手掛ける。

2014年4月~

一橋大学大学院経営管理研究科 非常勤講師 (2018年3月まで、一橋大学大学院国際企業戦略研究科)

 金融データ解析に必要な数学、統計学の手法(ベイズ統計、時系列解析)を担当。

2018年4月~

 

上智大学情報理工学部 非常勤講師

 数理ファイナンスの基礎に関する科目を担当。

2018年9月~

株式会社エフビズ 代表取締役

 AI、FinTech時代に、真に役立つ金融知識と技能を幅広い方々に届けるべく、株式会社エフビズを創立。

  著  書 

 

1.   「イメージでつかむ機械学習入門~豊富なグラフ,シンプルな数学,Rで理解する~」

  横内大介、青木義充。技術評論社、2017。

2.

「現場ですぐ使える時系列データ分析~データサイエンティストのための基礎知識~」

  横内大介、青木義充。技術評論社、2014。

 

研究論文など

1.

「金融危機前後の商品先物取引における証拠金不足に起因するリスクの評価」

  青木義充.統計数理、第62巻、第1号、135-159、2014.

2.

「値幅制限を考慮した商品先物価格の実証分析 : MCMCによる先物商品価格のモデル化を利用して」

  青木義充、横内大介、加藤剛.『市場構造分析と新たな資産運用手法(ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

  日本金融・証券計量・工学学会編集、朝倉書店、16—55、 2012.

3.

“A note on statistical models for individual hedge fund returns”,

  Ryozo Miura, Yoshimitsu Aoki, and Daisuke Yokouchi. Mathematical Method of Operation Research, 69:533-577, Springer, 2009.

4.

“A New Segmentation Method in SAR Image Reconstruction”,

Yoshimitsu Aoki and Takeshi Kato. International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), Vol.3, No.2, pp.235-245, 2007.

5.

“Early detection of bronchial lesions using newly developed videoendoscopy-based autofluorescence bronchoscopy”,

Norihiko Ikeda, Hidetoshi Honda, Aeru Hayashi, Jitsuo Usuda, Yasufumi Kato, Masahiro Tsuboi, Tatsuo Ohira, Takashi Hirano, Harubumi Kato, Hiromi Serizawa, and Yoshimitsu Aoki, Lung Cancer, Vol. 52, pp. 21-27, 2006. 

6.

“A New Method of Ground Image Reconstruction with Shape Recognition by SAR Signal Modeling”,

Yoshimitsu Aoki and Takeshi Kato. International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), Vol.2, No.3, pp.673-692, 2006. 

 

紀要・Working Paperなど

1. “Change in trading rules and its impact on the distributional properties of commodity futures”, Yoshinori Kawasaki. and Yoshimitsu Aoki. Joint Statistical Meeting Proceedings, Business and Economic Statistics Section, 1604-1616, 2015.12.
2. “An Approach to Modeling on Financial Time Series Data with Regime Shifts”, Daisuke Yokouchi, Takeshi Kato and Yoshimitsu Aoki. ICS Working Paper Series, FS-2013-E-004.
3. “New method of ground reflection coefficient reconstruction and shape recovery by another SAR signal modeling”, Yoshimitsu Aoki and Takeshi Kato. Research Report, KSTS/RR-05/005, Department of Mathematics, Keio University, 2005.
4.

「時間領域における合成開口レーダーの受信波解析とパルス圧縮との比較」

  青木義充. SAR Workshop 2003 プロシーディングス,77-86,2003.


会社概要

社名 株式会社エフビズ
設立 

 2018年9月13日

資本金 975万円
代表者 代表取締役 青木 義充
所在地

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング9階

取引銀行

三菱UFJ銀行 横浜駅前支店

みずほ銀行   鶴見駅前支店

神奈川銀行   横浜西口支店

関連会社  株式会社アナザーウェア
取引先

株式会社ドワンゴ

日本証券テクノロジー株式会社

みずほ証券株式会社

野村アセットマネジメント株式会社

株式会社QUICK

株式会社シーエーシー

株式会社エルテックス

株式会社ユーストカードットコム

株式会社技術評論社

株式会社R&D支援センター

株式会社情報機構

株式会社日本テクノセンター